MENU

クリニックでも自宅でもできるホワイトニング

口元は顔の印象を大きく左右します。近年は歯を白く、美しく蘇らせるホワイトニングが注目を集めており、芸能人やモデルでもホワイトニングをしている人が増えています。

 

あるアンケート調査によると「異性の第一印象でがっかりするところ」の質問では、「口元」という答えが第1位。

 

中でも「黄ばみ」や「汚れ」がナンバーワンという結果になりました。

 

 

歯は表面を覆う半透明のエナメル質と、その下にある黄色味を帯びた象牙質で構成されています。

 

長年にわたる食生活の影響により、次第にエナメル質に色素が沈着していきます。エナメル質は加齢とともに薄くなりますが、象牙質は厚みを増していきます。

 

そのため、象牙質の黄ばんだ色がよけいに目立つようになります。

 

クリーニングと混同されやすいホワイトニングですが、クリーニングは歯の表面に付着している歯垢や歯石を取り除くものであるのに対し、ホワイトニングは薬剤を用いて歯の表層部のエナメル質に付いた色素を漂白するとともに、内部の象牙質の黄ばんだ色を見えにくくすることで、美しい白い歯を手に入れる歯科施術です。

 

 

ホワイトニングは、歯科クリニックで行うこともできますし、歯科医師の指導のもと自宅で行うことも可能です。

 

どちらも専用の薬剤を用いて着色成分を分解・漂白します。ホームホワイトニングは樹脂製のマウスピースに薬剤を付けて装着し、2時間〜6時間ほど装着します。クリニックで行うオフィスホワイトニングは高濃度の過酸化水素や最新の医療機器を用いて短時間で効果的に歯を漂白します。

 

歯磨き粉のホワイトニングで有名な「プレミアムブラントゥース」は、値段が高く設定されていますが、自宅で出来るホワイトニングとしては効果が期待できます。

p>
更新履歴